エントランス完成予想CG

高級感と温もりが調和する、美しき邸の顔。

ロータリー脇の小径から邸内へと導くのは、木々が寄り添う、並木道のようなアプローチ。歩を進めれば、煌びやかに輝く庇と木調のルーバーが印象的なエントランスが待ち受け、さらにその奥には、アイキャッチとなる「エントランスガーデン」が設けられています。デザインのテーマとしたのは、「モダン」と「ナチュラル」の融合。“プレミア”なこの場所に相応しい高級感を醸しつつも、通り抜ける度に心安らぐことのできる空間を目指しました。

エントランスアプローチ完成予想CG
建築デザイン監修/株式会社設計工房デザインシステム/塩山 修氏
景観デザイン監修/株式会社設計工房デザインシステム/根本 卓史氏
エントランスアプローチ完成予想CG

空地率70%超※1、敷地を贅沢に使った“プレミア”なランドプラン。

“プレミア”な立地にふさわしい、快適な住み心地を追求した、贅沢なランドプランを計画しました。専有部では、東西に長い敷地形状を活かし、全邸を南向きにプランニング。さらに、ゆとりある配棟計画によって、エントランスガーデンや平面式駐車場をはじめとする共用施設も充実。“プレミア”な暮らしを包み込む、“プレミア”レジデンスの誕生です。

敷地配置図

暮らしに四季の潤いをもたらす、豊富な植栽。

“プレミア”な立地にふさわしい、快適な住み心地を追求した、贅沢なランドプランを計画しました。専有部では、東西に長い敷地形状を活かし、全邸を南向きにプランニング。さらに、ゆとりある配棟計画によって、エントランスガーデンや平面式駐車場をはじめとする共用施設も充実。“プレミア”な暮らしを包み込む、“プレミア”レジデンスの誕生です。

カエデシラカシレンギョウササキツツジユキヤナギ

※1 ここで示す空地率は、本プロジェクトの敷地面積に占める建築基準法上の建ぺい率に算入されない面積の割合をさします。 ※2 全46戸中46戸が南向き。 ※掲載の外観完成予想CGは、設計段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色等は実際とは異なります。また、外観形状の細部・設備機器等は表現しておりません。植栽はご入居時の状態・特定の季節を想定して描いたものではなく、初期の生育期間を経たものです。※掲載の敷地配置図、エントランス完成予想CG、エントランスアプローチ完成予想CG、外観完成予想CGは、計画段階のものであり、施工上の理由により、面積、形状等変更になります。予めご了承ください。
※掲載の植栽写真は参考写真です。植栽は変更となる場合があります。※共用部は管理規約等により使用上の制限がございます。

このページの先頭に戻る